特定非営利活動法人
山口現代芸術研究所
Yamaguchi Institute of Contemporary Arts
>>トップ>>展覧会・イベント情報

やまぐち街なか大学 YICA(イッカ)アート講座 vol.1

6月26日、誠に申し訳ございませんが、定員に達しましたので、
申し込みを締め切らせていただきます。ご了承下さいませ。

やまぐち街なか大学 YICA(イッカ)アート講座
第1回 オリエンテーション

YICAも通年テーマ「今ここ-近いは遠い、遠いは近い-」について、講師上野修氏から話を伺い、参加者全員でブレインストーミングを行います。

日時 2022年7月8日(金) 19:00~20:30
会場 山口情報芸術センター(YCAM)2F多目的室

定員・申込 誠に申し訳ございませんが、定員に達しましたので、申し込みを締め切らせていただきます。ご了承下さいませ。


アートの生態系を、受信発信のネットワークではなくて、「生成変化」(知らないものになっていくこと)の繁殖としてイメージしてみる。「生成変化ってのはさ、正しいモデルとか本当のモデルとかいった何かそういうものの真似をしたり、ふりをしたり、ぴったり一致したり、ってことじゃないんだな。出発点となる項もなければ、到達点となる、あるいはなるべき項もない……そういう現象は模倣でも同化でもない。二重の捉え合い、非平衡的進化、二つの領界のあいだの縁結びなんだ」(ドゥルーズ)。いながらにして遠いものが近くなり、近いものが遠くなる、そんな「今ここ」を考える。


講師プロフィール:

上野 修は、日本の哲学研究者。大阪大学名誉教授。スピノザ、ホッブズ、デカルトなどの西洋近世哲学、ラカン、ドゥルーズなどのフランス現代思想を専門とする研究者。(ウィキペディア)





終了した展覧会・イベント

YICAアートウィークス 2021 遍在するビューポイント3 - our new normal - 私たちの新しい当たり前

初めて《遍在するビューポイント》が開催された2019年秋頃、「新型コロナウィルス」のことやその後のパンデミックを予期していた人はいなかったでしょう。国境を跨いで往来する人の姿は、ごく当たり前の光景でした。その時の展覧会や関連企画では、西洋のパノラマと東洋の山水画に関する視点の差異やそこから見えてくる歴史、生活、政治、審美感などに言及し、現代の生活を包括的に探求するテーマとして企画されました。2020年度は、コロナ感染に関わる不安が広がり、様々な規制と対策が設けられ、世界中の人たちが同じ境遇に直面する不安な一年となりましたが、そのコロナ禍でも実現可能な展覧会を模索し、SNSで海外アーティストへ呼びかけ、多くの海外アーティストの出品を募ることができました。

 今年度は「our new normal(私たちの新しい当たり前)」を副題とし、世界規模で広がるコロナがもたらした避けられない生活の変化に直面しつつも、「私たちの新しい当たり前」の可能性を模索する国内外のアーティストなどが参加する多声的かつ多視点的複合企画です。

 山口市菜香亭とKDDI維新ホールでは国内外アーティスト24名による国際展覧会が構成され、KDDI維新ホールでは、山口市の主催する《やまぐち × ロヴァニエミ デザインウィーク 2021》との連携企画となっています。中原中也記念館では《中原中也、永遠の風景》と題して秋頃に開催されたアート・ウォーキングや対談企画を通して公募した作品の成果発表が、また、展覧会最終日には、やまぐち街なか大学の講座として、菜香亭にて参加アーティストによる作品解説が開催されます。


【国際展覧会】

《遍在するビューポイント 3 - our new normal -》

会場:菜香亭、KDDI維新ホール

会期:12月10日(金)~12日(日) 10:00 - 17:00 (最終日は16:00まで)

多声的かつ多視点的に現代の生活に関わる様々なテーマを取り扱う国内外アーティスト24名による作品展示。菜香亭とKDDI維新ホールの2会場で開催。

KDDI維新ホールでの展示は、山口市主催の《やまぐち x ロヴァニエミ デザインウィーク 2021》との連携企画として実施。


【アーティスト・トーク】

やまぐち街なか大学 YICA(イッカ)アート講座 vol.04 アーティスト・プレゼンテーション

日時:12月12日(日) 14:00 - 16:00

会場:菜香亭

《遍在するビューポイント3 - our new normal -》参加アーティストによる作品解説。


【アート・ウォーキング 2021 成果発表】

YICA アート・ウォーキング 2021 《中原中也、永遠の風景》

会期:12月10日(金)~12日(日) 09:00 - 17:00

会場:中原中也記念館

YICA アート・ウォーキング 2021 《中原中也、永遠の風景》と題したウォーキング企画を通して、中也の詩とイメージを関連づけた公募作品の成果発表。



青い殿様プロジュクト20周年事業 秘められた色彩-500枚のドローイング展

>

遍在するビューポイント 2

会期:2020年12月11日(金)~13日(日)
   9:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場:山口市菜香亭
   〒753-0091 山口市天花1丁目2-7

■国際展覧会
YICAメンバーや海外アーティストによる多様な作品で構成されたグループ展覧会を開催します。

■アーティストトーク
YICAメンバーによる作品解説をします。
2020年12月13日(日)14:00-16:00

■ YICA アート・ウォーキング 2020 報告展示
2020年9月と10月に実施した「赤線・青線〜里道と水路〜を探して」で得られた内容を報告展示します。

※ 外出前の検温、マスク着用、入室時の消毒など、コロナ感染拡大防止にご協力ください。

上記の展覧会フライヤーをPDFファイルにて公開いたします。下記のリンクを左クリックで別タブまたは別ウィンドウにて閲覧できます。また、右クリック~「名前をつけてリンク先を保存」で、お使いのデバイスに保存できます。

YICA ART WEEKS 2020 遍在するビューポイント 2

PDF 2.29 Mb


秘められた色彩ドローイング展Vol.Ⅵ & 青い殿様プロジェクト2020新瑠璃光伝説


Do a Front :Epiphany Garden 2 / 空家のかくれんぼ2

>

 

 Copyright (C) 2019 by Yamaguchi Institute of Contemporary Arts Allright reserved